明治神宮へのアクセス(行き方):「JR原宿駅(地下鉄・明治神宮前駅)」から明治神宮・本殿へ

スポンサードリンク

明治神宮へのアクセス(行き方):「JR原宿駅(地下鉄・明治神宮前駅)」から明治神宮・本殿へ

明治神宮の拝殿(本殿)への参拝する道筋は3つのルートがあります。

明治神宮へのアクセス(行き方):「JR原宿駅(都営・明治神宮前駅)」から明治神宮・本殿01

  • 北参道=JR代々木駅、「東京地下鉄(メトロ):代々木駅北参道駅」
  • 西参道=小田急線:参宮橋駅
  • 南参道=JR原宿駅、「東京地下鉄(メトロ):明治神宮前駅」

と、これら3つの出入り口と、各出入り口にアクセスする最寄り駅があります。

ここでは、この中でも「南参道」に位置する「JR原宿駅」、「東京地下鉄(メトロ):明治神宮前駅」から明治神宮本殿(拝殿)までのアクセス方法をご紹介して行きたいとおもいます。

※「メトロ」=とは、東京地下鉄の現在の運営会社となります。※

JR原宿駅(明治神宮前駅)から明治神宮へ徒歩で行く方法

まず、東京地下鉄(メトロ)の「副都心線」と「千代田線」の明治神宮前駅は、地下で繋がっています。

そしてさらに、この「地下鉄・明治神宮駅」と「JR原宿駅」も、なんと!

地下で繋がっているのです。(↓構内図あり)

したがって、地下鉄の「副都心線」と「千代田線」の明治神宮前駅から、明治神宮へ参拝に来られる際は、まず「JR原宿駅方面」へ歩いて行く事から明治神宮への参拝は始まります。

理由は、明治神宮がJR原宿駅の方角に位置するからです。

「原宿駅」から「明治神宮・南参道」までの所要時間は、徒歩で2分から3分かかります。

そして、明治神宮の場所なのですが、なんと!

JR原宿駅のスグ真裏にあるのです。

位置的には、原宿駅のスグ裏側の森林地帯のド真ん中に位置します。
(下図↓※参考地図)

明治神宮へのアクセス(行き方):「JR原宿駅(都営・明治神宮前駅)」から明治神宮・本殿02この地図から見ても分かる通り、JR原宿駅から5分もあれば十分に明治神宮の入口へ到着することができます。

ちなみに「南参道」の入口から明治神宮の本殿までの距離はおおよそ「800メートル」あります。

これを分にするとおおよそ「10分」となります。

JR原宿からですと、「南参道」の出入り口を通らなければならないため、本殿までの距離が3つの入口の中でも、もっとも長い距離となってしまいます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






「JR原宿駅」の出口と地下構内図の紹介

まず、JR原宿駅の構内図と出口のご紹介をしておきます。

明治神宮へのアクセス(行き方):「JR原宿駅(都営・明治神宮前駅)」から明治神宮・本殿 -この地図のようにJR原宿駅には以下のような出口が2つ存在します。

  • 竹下口
  • 表参道出口

JR原宿駅の住所(所在地)

住所:渋谷区神宮前1丁目

JR原宿駅の出口

竹下口

神宮前1-3丁目
千駄ヶ谷1-3丁目
神宮外苑方面
東郷神社西参道口
竹下通り

表参道口

千代田線明治神宮前駅
副都心線線明治神宮前駅
明治通り
明治神宮
明治神宮会館
代々木公園
岸記念体育館
国立代々木競技場
NHK放送センター
NHKホール
渋谷区役所
渋谷税務署
神宮前1・4-6丁目方面
太田記念美術館

※正式には、原宿駅には3つ目の出入り口(改札)がありますが、この出入り口(改札)は、お正月(年末年始)などの混雑が予想される時期にしか開くことがありません。

「JR原宿駅:表参道出口」から「明治神宮:南参道」へ徒歩で行く方法

1:原宿駅の「表参道出口」から出ます。※竹下口から出ると少し遠回りになります。

明治神宮へのアクセス(行き方):「JR原宿駅(都営・明治神宮前駅)」から明治神宮・本殿23

2:「表参道出口」を出たら、右へ50mほど、道なりに進みます。

3:橋(神宮橋)のある大きいスクランブル(交差点)が出てきます。

明治神宮へのアクセス(行き方):「JR原宿駅(都営・明治神宮前駅)」から明治神宮・本殿

4:この交差点を右へ「神宮橋」を渡り、森林の方向へ直進します。(神宮橋の下はJR山手線の線路があります)

5:やがて、明治神宮「一の鳥居」が見えてきます。

ここからは明治神宮の敷地内となり、「南参道」と呼ばれる森林に囲まれた砂利道を拝殿(本堂)まで歩いて行くことになります。

拝殿(本堂)までは、おおよそ徒歩で「10分」ほどかかります。

 

原宿駅は、目下、ファッション街で有名な「竹下通」が目前にある駅です。

したがって、土日祝日などの休日の日中は大変混み合い、出口を抜けるのに時間がかかることもあります。

参拝される際は、時間に余裕を持って訪れる必要があります。

また、明治神宮の「参道」は、砂利道なので「サンダル」や「高いヒールの靴」をはいての参拝はオススメできません。

事前に砂利道を歩きやすいスニーカーなどを用意しておく必要があります。

当サイトの情報が、あなたの人生の1ページを飾るような思い出深い参拝とするための、ご参考となれれば冥利に尽きる思いです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ