東京原宿・東郷神社の「歴史(由来)・御朱印(御朱印帳)&お守り(種類、値段、授与場所)」など

スポンサードリンク

東京原宿・東郷神社の「歴史(由来)・御朱印(御朱印帳)&お守り(種類、値段、授与場所)」など

若者の街・原宿に、知る人ぞ知る神社があります。

日露戦争での活躍が有名な、東郷平八郎公を祀る「東郷神社」です。

大都会の中にありながら緑に囲まれ静粛な雰囲気の境内に、堂々と鎮座する海軍大将の神社は、大きくはありませんが、存在感のあるたたずまいです。

こちらのページでは、そんな東郷神社とご祭神の歴史(由来)、境内案内、結婚式や御朱印、お守りなどについてご紹介します。

読み方

とうごうじんじゃ

創建年

1940年(昭和15年)

社殿再建年

1964年(昭和39年)

建築様式(造り)

神明造を基調とした近代設計(鉄筋コンクリート造、平屋建)

※創建当初は神明造(欅と檜の素木造)

境内の面積

27,720㎡(約8,400坪)

※面積比較:東京ドームのグラウンド(13,000㎡)の約2倍

主祭神

東郷平八郎命

例祭

5月28日(日本海海戦の日)

東郷神社の主祭神「東郷平八郎命」について

「東郷平八郎命」のご神徳とは?

東郷神社は、日露戦争の際に海軍を率いて、ロシアのバルチック艦隊を撃破したことで知られる、東郷平八郎公を祀る神社です。

数々の戦功を挙げたご祭神「東郷平八郎命」のご神徳は、言わずもがな「勝利」ですが、明治・大正・昭和の長きに渡って国のために奉仕してきた功績や、「真心は神に通じる」という信念を一生涯貫いた誠実な人柄から、「至誠(しせい)・真心の神」としても親しまれています。

東郷平八郎公の生い立ち・経歴

東郷平八郎公は、1847年(弘化4年)、薩摩藩士東郷吉左衛門の四男として、鹿児島市加治屋町に生まれました。

江戸時代終焉の20年前のことです。

以下では、「勝利の神」として祀られる東郷平八郎公の戦歴を中心に、代表的な戦功・エピソードをご紹介します。

薩英戦争・戊辰戦争から明治維新

  • 1862年(文久3年):薩摩藩士として薩英戦争に従軍する
  • 1868年(慶応4年/明治元年)~:戊辰戦争に従軍する

15歳の年に従軍した薩英戦争が、東郷平八郎公の初陣でした。

その後、19歳で薩摩藩の海軍に入り、明治維新前後の戊辰戦争では、新政府軍の一員として、兵庫沖の阿波沖海戦や箱館(函館)の箱館戦争・宮古湾海戦などで活躍しました。

薩英戦争
島津久光らが率いる薩摩藩(薩摩砲台)とイギリス海軍の艦隊との間の戦い。
結果は勝敗が付かず、薩摩藩が賠償金を支払って講和。その後、薩摩藩とイギリスが接近するきっかけとなる。

イギリス留学 1871年(明治4年)~1878年(明治11年)

24歳の時に海軍士官としてイギリスに官費留学し、海軍予備校などで7年間の厳しい教育・訓練を受けました。

ここでは、船乗りとしての知識や技術を習得した他、国際法も学びました。

日清戦争 1894年(明治27年)~1895年(明治28年)

  • 1894年(明治27年)7月25日:高陞号撃沈事件

東郷平八郎公は、日清戦争時に防護巡洋艦「浪速」の艦長として、豊島沖海戦(ほうとうおきかいせん)など複数の海戦で活躍しました。

豊島沖海戦では、停船の警告に応じないイギリスの商船「高陞号(こうしょうごう)」を撃沈する「高陞号撃沈事件」が起ります。

この商戦撃沈は国際法に違反しない対応であり、イギリス留学の時に学んだ国際法の知識が役立ったものとされています。

また、この時の判断力が、後に「連合艦隊司令長官」に人選される際の決め手にもなったと言われています。

日露戦争 1904年(明治37年)~1905年(明治38年)

日露戦争では、「連合艦隊司令長官」として、複数の海戦において、海軍の作戦全般を指揮しました。

1905年の「バルチック艦隊」という呼び名で知られる最新鋭戦艦4隻を擁するロシア海軍の太平洋艦隊との間で繰り広げられた日本海海戦では、旗艦「三笠」に「Z旗(ゼットき)」を掲げ、軍の士気を鼓舞したといいます。

また、この日本海海戦で、敵前での大回頭(進行方向の変更)という、誰も予想しなかった大胆な指示を出し、海戦に勝利を納めたという話は有名です。

この日本海海戦は、世界の海戦史上初の完全で圧倒的な勝敗がついた海戦であり、東郷平八郎公が指揮した大回頭は「トーゴーターン」と呼ばれ、日本の「東郷」の名が、世界に知れ渡ることになりました。

「Z旗」とは
船舶において海上での意思疎通に用いられる旗(信号旗)の1つで、黄色、黒、赤、青の4色で構成されています。
日本海海戦の際のZ旗には、「皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ」という信号文があてられていたため、「軍の士気を鼓舞」することに繋がったのです。
それまでは多くの信号旗の1つでしたが、日露戦争に勝利してから、海軍において「Z旗」は特別なものとなり、第2次世界大戦でも、真珠湾攻撃やマリアナ沖海戦などの際に掲げられました。
現在は、Zがアルファベットの中で最後の文字であることもあり、「最終決戦」「チームが一丸となった奮闘を期する」などという意味で用いられることがあります。

「Z旗」は、東郷神社ののぼりやお守りにもデザインされています。

日露戦争後から晩年

  • 1905年(明治38年):海軍軍令部長となる
  • 1913年(大正2年):元帥府(天皇の軍事部門における最高顧問集団)に列せられる
  • 1914年(大正3年)~:東宮御学問所総裁として昭和天皇の教育に当たる
  • 1934年(昭和9年)5月30日:東京都麹町三番町で薨去(88歳)

東郷平八郎公は、晩年は妻・テツと仲睦まじく、盆栽や囲碁をたしなみながら、穏やかな生活を送ったということで、東郷神社では「愛妻の神」などと呼ばれることもあります。

東郷平八郎公の死に際しては日本全国から多くの見舞状が届いた他、海外でも哀悼の声が上がりました。

葬儀は国葬として営まれ、世界各国の海軍からも要人が弔問に訪れました。

「肉じゃが」を作ったのは東郷平八郎公?

東郷平八郎公は、イギリス留学中に食べたビーフシチューの味を気に入り、艦上食にしようと日本に持ち帰りました。
しかし当時の日本にはビーフシチューを再現するための食材が手に入りにくく、また、人々にとってなじみのないメニューだったことから、本人の話をもとに料理長が作ったのが和風に味付けされたビーフシチュー風のもので、これが肉じゃがの始まりという、伝説めいた話もあります。

東郷平八郎公は「Time」の表紙にもなっていた!

世界初のニュース誌「Time」は、その時々を象徴する人物を表紙にすることで知られていますが、
東郷平八郎公は、1926年11月8日号の「Time」で、日本人として初めて表紙を飾った人物だったのです。
その後は、犬養毅、東条英機、山本五十六、鳩山一郎、岸信介など、多くの軍人や政治家が表紙になりました。

東郷神社の歴史(由来)

東郷平八郎公の死後、神社にお祀りして業績を称え、素晴らしい人柄を後世に伝えてほしいという声が広がり、海軍省には全国から献金が寄せられました。

軍人や政治家の中には反対意見もあったものの、当時の海軍大臣・大角岑生(おおすみみねお)が有識者に相談の上、財団法人「東郷元帥記念会」を設立し、国民へ呼びかけて更に寄付を集め、神社を創建する運びとなりました。

神社の建設地には、いくつかの候補地の中から、東郷平八郎公もお仕えした明治天皇が祀られる明治神宮に近い、元鳥取藩主・池田侯爵邸が選ばれました。

そして1940年(昭和15年)の5月27日、御鎮座祭が行われました。

5月27日は、東郷平八郎公が率いる海軍が日本海海戦でロシアのバルチック艦隊に勝利した日であり、当時は海軍記念日になっていました。

しかし、創建から4年後の1944年(昭和19年)11月と翌年5月の空襲に見舞われ、2回目の爆撃で社殿が焼失してしまいます。

現在の社殿が建立されたのは、焼失から19年が経った1964年(昭和39年)のことでした。

再建に際しては、東郷平八郎公を尊敬していたアメリア海軍元帥のチェスター・ニミッツからの寄付もあったそうです。

「池田侯爵邸」と東郷平八郎公の隠れた繋がり

東郷神社が建立された「池田侯爵邸」の主は、徳川慶喜の五男で、政治家・軍人の池田仲博(いけだなかひろ)でした。

1907年(明治40年)、当時の皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の山陰行啓時の宿泊施設として、鳥取城跡に建てた別邸が「仁風閣(じんぷうかく)」として
知られています。

その仁風閣の館名は、行啓に随行していた東郷平八郎公が命名したということです。

東郷神社 境内の構成

東郷神社の入り口(鳥居)

東郷神社の表玄関となる鳥居は、明治通りの「東郷神社」交差点前にあります。

神池

鳥居からまっすぐ進むと神池が現れ、神池に架かる桟橋か、池のほとりを案内通りに歩くと、鳥居から徒歩1~2分で神門が見えます。

手水舎と神門

神門の前に手水舎があるので、こちらで身を清めてから階段を上り、門をくぐりましょう。

社殿(拝殿)

神門をくぐると、正面に社殿(拝殿)があります。

社務所(授与所・御祈祷受付)

社殿の向かって左側がお守りや御朱印の授与所・御祈祷受付となっています。

海の宮

神門をくぐってすぐの左手には、境内零社「海の宮」があります。

海軍、海事、水産業関係者、崇敬者など2万余柱の御霊(みたま)を合同で祀る東郷神社の末社で、1972年(昭和47年)に創建されました。

7月中旬のみたま祭り(合同慰霊祭)には、毎年多くのご遺族や関係者、参拝者が訪れ、当日に行われる「灯籠流し」とその後の花火は、原宿の夏の風物詩となっています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






境内の要注目ポイント!

(1)神池の銅鳥居

神池の縁に建つ銅製の鳥居は、築地の海軍用地にあった水交神社の2代目鳥居を移設したものです。

水交神社は、日清戦争にの際、海軍の勝利を祈願して寄せられた神符などを納め、また、戦没者の霊を合祀するために創建された神社でした。

(2)ひょうたんから水が出る手水舎

神門前の手水舎の水は、なんと!ひょうたんから出ています。

(3)海軍省から譲り受けた狛犬

境内には、かつての海軍省の建物の移転の際に譲渡されたという、少しカクカクした形の狛犬があります。

この他、東郷神社には、海軍経理学校の正門から移された敷石や、潜水艦殉国碑や海軍特年兵之碑など、海軍ゆかりの様々なものがあります。

(4)菊と蔦の葉の紋

東郷神社の神門の扉には、皇室の菊紋と、東郷家の蔦(つた)の葉紋を組み合わせた紋があしらわれています。

東郷神社の結婚式

東郷神社では、伝統的な神前式を行うことができます。

人気のショップやカフェが立ち並び、観光地としても大人気の原宿にありながら、都会の喧騒を離れた緑豊かな境内で執り行われる、厳かな神前式が人気です。

広々とした会場なので、新郎新婦の家族だけでなく、友人も参列してもらえます。

挙式のみ、またはフォトウェディング(スタジオ/ロケーションフォト)のみも可能ですが、隣接する「東郷記念館」または境内の北側に位置する「ルアール東郷」にて、披露宴をすることもできます。

どちらの披露宴会場も、神社での格式高い挙式の余韻を引き継ぎつつ、モダンでおしゃれ、そして豪華なパーティーができ、新郎新婦・ゲスト双方から指示されています。

料理もおいしいと評判ですよ。

東郷神社では、「模擬結婚式」、各披露宴会場ではウエディングフェアが頻繁に開催されていますので、ぜひ一度、見学に訪れてみてくださいね。

東郷神社の挙式プラン(神前式のみのプラン)

基本の費用

105,000円(税別)+神社への初穂料150,000円

※土日祝日は別途40,000円

基本のプランに含まれる内容

  • 東郷神社での挙式
  • 新婦衣裳 白無垢(5点の中から選択)
  • 新郎衣裳 紋付袴(黒紋服)
  • 美容(メイク、着付け、鬘・簪・綿帽子または角隠し、介添えなど)
  • 記念写真スタジオ1ポーズ

衣裳・美容・写真にはそれぞれ追加料金で選べるオプションがあります。

大掃除した神池を渡る「庭参進」

東郷神社の境内の池は、江戸時代からある湧水でできています。

元々は2600㎡以上もの広さがあったそうですが、時代と共に縮小され、現在では670㎡ほどとなっています。
(670㎡:バスケットコート420㎡の約1.6倍の広さ)

上掲の写真のように、結婚式の参進の際にも通るのですが、実は、数十年間、水が溜まったままで、色も黒く、きれいとは言えない状態でした。

そこで、2018年6月放送のテレビ東京の人気番組「池の水ぜんぶ抜く大作戦」の企画で、池の水を一度すべて抜いて掃除することになりました。

番組の出演者に東郷神社や東郷記念館のスタッフ、学生ボランティアも加わり、水を抜いた上でヘドロの除去、また、奉納された錦鯉80匹の保護なども行われました。

水抜きの過程で保護した錦鯉などの生物たちは、再び水を入れたきれいな池に放流されたそうです。

清掃後の神池の錦鯉

余談ですが、この作業の過程では、番組史上初の巨大魚「アオウオ」が見つかりました。

見つかったアオウオの体長は1mほどで、日本での個体数は少なく、幻の巨大魚の異名もついています。

今後、東郷神社で結婚式を挙げられる方は、この数十年ぶりの大掃除を行い、以前よりも少しクリアになった神池を通過して本殿に向かう「庭参進」を体験することができます!

東郷神社の御朱印の種類と初穂料(値段)

東郷神社の御朱印は、2種類あります。

墨書きは両方同じですが、右上の朱印が異なります。

通常の物は右上の「勝」の朱印が押してあります。

もう1つは東郷神社でハローキティの御朱印帳を購入した場合だけいただける限定の御朱印で、海軍をイメージさせるいかりマーク入りのハローキティのリボンが描かれた朱印が入ります。

リボンの朱印入り限定御朱印
  • 東郷神社の御朱印の初穂料(値段):各500円

東郷神社の御朱印帳の種類と初穂料(値段)

東郷神社の御朱印帳は2種類です。

青い表紙に御詠歌の御朱印帳

1つは、青い表紙に東郷平八郎公の御詠歌と東郷家の蔦の葉(つたのは)の家紋がデザインされた御朱印帳です。

  • 青い表紙の御朱印帳の初穂料(値段):1,500円(御朱印別)
御詠歌

おろかなる 心につくす誠をば みそなはしてよ 天つちの神
(未熟な私ですが、誠心誠意ご奉仕申し上げますので、天地の神々よ、どうぞご覧になってください。)

この御詠歌は、1914年(大正3年)4月1日、東郷平八郎公が東宮御所に新しく設置された東宮御学問所の総裁に任命された時に詠まれたものです。

東郷平八郎公は、

「これは容易ならぬ大任で、私ごときがお受けすべき事柄ではないから固く御辞退申し上げたが、お上の厚い思召を懇々とお諭しになるので、深く恐懼感激に堪えず、此の上は臣下の本分として、粉骨砕身以って御奉公申し上げる。」

と言ったそうです。

至誠の神として尊ばれる所以となる、誠実で慎み深いお人柄が伝わってくる御詠歌・エピソードですね。

ハローキティの御朱印帳

もう1つは、御朱印のところでも触れた、ハローキティの御朱印帳です。

限定の御朱印がいただけます。

  • ハローキティの御朱印帳の初穂料(値段):1,700円(御朱印別)

東郷神社のお守りの種類と初穂料(値段)

東郷神社のお守りと言えば、やはり必勝祈願の「勝守(かちまもり)」です。

また、東郷平八郎公の直筆の「勝」の字の焼き印が入った「勝札」も、東郷神社の代表的なお守りです。

  • 勝守の初穂料(値段):800円
  • 勝札の初穂料(値段):700円

他に、東郷神社ならではのお守りとしては、海軍軍人だったご祭神にちなんだ「海上安全守」や「舵取守」などがあります。

お守りの以外にも、お札やミニのぼり、絵馬、破魔矢などが授与されています。

東郷神社のその他のお守りと初穂料(値段)

※お守りの種類や初穂料(値段)は変更になる場合があります。

  • 百発百中守(心願成就守):500円
  • 錦守(健康守):500円
  • 開運厄除守:300円
  • 海上安全守:500円
  • 航空安全守:500円
  • 旅行安全守:500円
  • 交通安全守:500円
  • 交通安全木札守:700円
  • 交通安全バンド守:500円
  • 交通安全ステッカー:500円
  • 金運守:300円
  • 家内安全守:500円
  • 安産守:1,000円
  • 良縁祈願守:500円
  • ペット守:500円
  • 舵取守(幸運導守):1,200円
  • 病気平癒守:1,000円
  • 仕事守:700円
  • 夢守(夢叶守):500円
  • 東郷元帥ハローキティ守(健康守):500円
  • 交通安全ハローキティ守:500円
  • マイメロディ守(健康守):500円
  • ぐでたま守(健康守):500円
  • 入魂守:1,000円

授与所の場所・営業時間

東郷神社のお守り・御朱印などの授与所は、社殿の右隣り(社殿に向かって左側)にあります。

営業時間は、季節を問わず、8時~17時となっています。

最寄り駅からのアクセス

明治通り「東郷神社」交差点前の鳥居(一の鳥居)までの徒歩での所要時間は以下の通りです。

JR山手線「原宿駅」竹下口から徒歩約6分

※境内裏手の出入り口には徒歩3~4分で着きます。

「セコム」と書いてあるのが東郷神社の鳥居付近です。

こちらのルート案内ですと、竹下口から竹下通りを通過して東郷神社の入り口に出るようになっていますが、竹下通りの人ごみが嫌な場合は、以下にご紹介する「明治神宮前駅」の方まで歩いて、大通り沿いを通って行くのもおすすめです。

東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」5番出口から徒歩約4分
「グリーンファンタジア」と書いてあるのが、明治神宮前駅5番出口付近です。

明治神宮からのアクセス

明治神宮の南参道出入口(一の鳥居)は、原宿駅の「表参道口」や明治神宮前駅の「2番出口(JR口)」まで徒歩1分ほどの場所にあります。

明治神宮から東郷神社へ行く場合は、以下の地図の案内のように明治神宮前駅・表参道方面へ向かい、大通り沿いを歩いて行っても良いですし、竹下通りなどを散策しながら言っても良いでしょう。

どちらのルートでも、スムーズに歩けば7~8分ほどで到着します。

駐車場

東郷神社に参拝者用の駐車場はありませんが、東郷神社の入り口脇には、「東郷パーキング」の入口がります。

「東郷パーキング」は、自転車、バイク、普通車、荷搬車まで駐車できる地下自走式の駐車場です。

  • 住所:東京都渋谷区神宮前1-5-8
  • 営業時間:6時45分~24時
  • 収容台数:91台
  • 駐車料金:車・バイク30分500円 ※自転車は10時間100円
  • 最大料金(打ち切り料金):平日のみ1日最大3,000円
  • 駐車制限:幅2.5m、高さ2.1m、長さ6.0m
  • 電話番号(東郷パーキング管理室):070‐2299‐5797

東郷神社の場所・参拝時間・拝観料など

住所

  • 東京都渋谷区神宮前1-5-3
電話番号

  • 03-3403-3591
拝観料

  • 無料
参拝時間(開門時間・閉門時間)

  • 4月~10月:6時~17時
  • 11月~3月:6時30分~17時

※初詣

  • 1月1日(元日):0時~18時
  • 1月2~3日:6時30分~18時
  • 4日以降は平常通り
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ