明治神宮でお祀りされている神様(ご祭神)ってどんな神様??参拝のご利益(効果)は??

スポンサードリンク

明治神宮でお祀りされている神様(ご祭神)ってどんな神様??

明治神宮でお祀りされている神様(ご祭神)は、明治天皇と昭憲皇太后です。

明治神宮の建てられた理由と「明治天皇と昭憲皇太后」の関係

ご祭神の「明治天皇」とは?

明治天皇は「嘉永(かえい)5年の9月22日(1852年11月3日)生まれのお方です。

日本国の122代目の天皇となります。

孝明天皇の第二皇子として、この世に生を得ます。

江戸時代から明治時代への動乱の世を生き抜いて、新時代の礎を築いたお人です。

ご祭神の「昭憲皇太后」とは?

昭憲皇太后とは、明治天皇の妻(奥様)のことです。

昭憲皇太后は、江戸時代の「嘉永(かえい)2年の4月17日(1849年5月9日)」生まれの方です。

元の名前を「一条美子(いちじょう はるこ)」と言います。

一条家は、藤原家のゆかりのお家柄で、いわゆる公家(公卿)のお生まれの方です。

明治天皇と同じく女性の社会進出に貢献し、学校の設立や日本赤十字の設立に大きく関わった方です。

では、この明治神宮で参拝して得られるご利益の効果って?

では、この明治神宮で参拝して得られるご利益の効果って?既に、ご祭神として神様となられた明治天皇と昭憲皇太后ですが、参拝すると得られるとされる主なご利益の効果は・・

  • 家内安全
  • 身体安全
  • 厄祓い
  • 合格祈願
  • 社運隆昌
  • 商売繁昌

と、なります。

明治神宮の参拝者数は初詣(正月・三が日)だけで日本一

明治神宮の参拝者数は初詣(正月・三が日)だけで日本一明治神宮へ参拝に訪れる方の中には、明治神宮の歴史を知られていない方も多く、明治神宮の歴史を知らない方でも、日本各地から多くの方が参拝に訪れます。

ちなみに、明治神宮の初詣(正月・三が日)の参拝者数は300万人を超え、日本一の参拝者数として、その名を轟かせています。

これから明治神宮へ参拝へ向かわれるご予定の方や、初詣(正月・三が日)に参拝のご予定の方、

ぜひ、明治神宮の深々とした歴史に触れ、歴史を知ってから参拝すれば、普通に訪れる参拝とは一味も二味も違った、思い出深い参拝ができるのではないでしょうか?

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ