東郷神社の御朱印の種類や値段・ご利益・受付場所と御朱印帳・お守りなど

スポンサードリンク

東郷神社の御朱印の種類や値段・ご利益・受付場所と御朱印帳・お守りなど

以下では東京原宿・東郷神社の御朱印・御朱印帳の種類・初穂料(値段)に加えて、お守りの種類や値段についても御紹介します。

東郷神社がどういう神社なのか?ついての紹介は以下のページをご参照ください。

東郷神社の御朱印の種類と初穂料(値段)

東郷神社の御朱印は、2種類あります。

墨書きは両方同じですが、右上の朱印が異なります。通常の物は右上の「勝」の朱印が押してあります。

もう1つは東郷神社でハローキティの御朱印帳を購入した場合だけいただける限定の御朱印で、海軍をイメージさせるいかりマーク入りのハローキティのリボンが描かれた朱印が入ります。

リボンの朱印入り限定御朱印
  • 東郷神社の御朱印の初穂料(値段):各500円

東郷神社の御朱印帳の種類と初穂料(値段)

東郷神社の御朱印帳は2種類です。

青い表紙に御詠歌の御朱印帳

1つは、青い表紙に東郷平八郎公の御詠歌と東郷家の蔦の葉(つたのは)の家紋がデザインされた御朱印帳です。

  • 青い表紙の御朱印帳の初穂料(値段):1,500円(御朱印は別途、500円)
御詠歌

おろかなる 心につくす誠をば みそなはしてよ 天つちの神
(未熟な私ですが、誠心誠意ご奉仕申し上げますので、天地の神々よ、どうぞご覧になってください。)

この御詠歌は、1914年(大正3年)4月1日、東郷平八郎公が東宮御所に新しく設置された東宮御学問所の総裁に任命された時に詠まれたものです。

東郷平八郎公は、

「これは容易ならぬ大任で、私ごときがお受けすべき事柄ではないから固く御辞退申し上げたが、お上の厚い思召を懇々とお諭しになるので、深く恐懼感激に堪えず、此の上は臣下の本分として、粉骨砕身以って御奉公申し上げる。」

と言ったそうです。

至誠の神として尊ばれる所以となる、誠実で慎み深いお人柄が伝わってくる御詠歌・エピソードですね。

ハローキティの御朱印帳

もう1つは、御朱印のところでも触れた、ハローキティの御朱印帳です。

限定の御朱印がいただけます。

  • ハローキティの御朱印帳の初穂料(値段):1,700円(御朱印は別途、500円)

スポンサードリンク -Sponsored Link-






東郷神社のお守りの種類と初穂料(値段)

東郷神社のお守りと言えば、やはり必勝祈願の「勝守(かちまもり)」です。

また、東郷平八郎公の直筆の「勝」の字の焼き印が入った「勝札」も、東郷神社の代表的なお守りです。

  • 勝守の初穂料(値段):800円
  • 勝札の初穂料(値段):700円

他に、東郷神社ならではのお守りとしては、海軍軍人だったご祭神にちなんだ「海上安全守」や「舵取守」などがあります。

お守りの以外にも、お札やミニのぼり、絵馬、破魔矢などが授与されています。

光る!交通安全守り!

「夜の安全を」という意味合いが込められたのがこのお守りです。内府が入れられた円形のプラスチックプレートが光ります。

これで車や自転車、バイクに自分の存在を遠くからでも知らせることができます。もちろん!カバンに付けて人に見せびらかすようにして持ちます。

  • 交通安全守りの初穂料(値段):500円

東郷神社のその他のお守りと初穂料(値段)

※お守りの種類や初穂料(値段)は変更になる場合があります。

  • 百発百中守(心願成就守):500円
  • 錦守(健康守):500円
  • 開運厄除守:300円
  • 海上安全守:500円
  • 航空安全守:500円
  • 旅行安全守:500円
  • 交通安全守:500円
  • 交通安全木札守:700円
  • 交通安全バンド守:500円
  • 交通安全ステッカー:500円
  • 金運守:300円
  • 家内安全守:500円
  • 安産守:1,000円
  • 良縁祈願守:500円
  • ペット守:500円
  • 舵取守(幸運導守):1,200円
  • 病気平癒守:1,000円
  • 仕事守:700円
  • 夢守(夢叶守):500円
  • 東郷元帥ハローキティ守(健康守):500円
  • 交通安全ハローキティ守:500円
  • マイメロディ守(健康守):500円
  • ぐでたま守(健康守):500円
  • 入魂守:1,000円

授与所の場所・営業時間

東郷神社のお守り・御朱印などの授与所は、社殿の右隣り(社殿に向かって左側)にあります。

営業時間は、季節を問わず、8時~17時です。

授与所の混雑状況など

東郷神社は平日は空いています。ただ、結婚式があると神職さんがいなくなるため少し待ち時間が発生することがあります。

土日祝日は原宿に訪れる人が増えることから平日よりは混雑します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ