明治神宮の初詣の屋台の「営業時間・数・種類」など

スポンサードリンク

明治神宮の初詣の屋台の「営業時間・数・種類」など

明治神宮の初詣で出る屋台の数や種類について、例年の状況を確認しておきましょう!

屋台の種類

定番の「焼きそば・うどん」などを筆頭に、コロッケ・ラーメン・うどん・焼き芋・甘酒・モツ・あげナン……など、最近では、東京中の飲食店が、宣伝とばかりに屋台と称した、お店を出してきます。

他にも、全国の寺社の屋台でよく見かける定番の「カステラ」「的当て」「おみくじ」「わたがし」などの屋台も出店します。

しかし、期間限定のお店がほとんどなので、食通の方は、この機会に、たくさんの味を味わってみてください。

営業時間

これらの屋台は基本的に明治神宮の営業時間と比例して営業しています。

12月31日から明けて1月1日の19時までは、夜通し出店しています。

2日3日は18時頃まで。1月4日が平日であれば、数が減ります。営業時間も遅くなります。

これらの屋台も収益をあげなければなりませんので、参拝客の多い時間帯に出店しています。

荒天(雨天)などの影響で参拝客が少ない時は早めに店をたたんで閉店する屋台もあります。

明治神宮の正月・初詣の屋台の出店数

明治神宮の屋台の出店数ですが、明確な数は分かりません。

ただ年々、屋台の申し込みをする業者が増加して申し込みが大変なようです。

つまりは明治神宮の境内敷地内の屋台の出店可能スペースは例年、すべて埋め尽されていることになります。

これは概算ですが、60~100ほどの数の屋台が優に出店していると考えられます。

明治神宮の初詣の混雑状況や屋台の営業時間・種類に関しては以下の別ページにてご紹介しています。

明治神宮の正月初詣にはカウントダウンがある?2018年の「混雑状況(混み具合・待ち時間)・人出(参拝者の人数)・屋台の営業時間」など

明治神宮の初詣の屋台の「営業時間・数・種類」など

明治神宮が年末年始(初詣)で混雑する理由と「なぜ、正月・初詣に明治神宮へ参拝するのか?」

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ